まとめ:年をとっても英語は習得できる!?

英語を習得するには多くのことを記憶する必要があります。ある程度の年齢になってからでも英語は習得できるのでしょうか?という質問をよく受けますが、皆さんはどう思われますか?今回は、その点について脳科学の観点からのまとめです。

記憶力は年齢とともに向上する!?

脳の神経細胞(ニューロン)の総数は歳をとるにつれて減少します。1日に数万個単位のスピードで神経細胞は死んでいくそうです。一方で、脳の数百億個のニューロンをつなぐ役割をになう神経回路(シナプス)は歳をとるにつれて増加することがわかっています。

つまり、シナプスは年齢を重ねるにしたがって増加し、記憶の容量が大きくなる。記憶力は年齢とともに低下するどころか、向上するという事です!いくつになっても英語は習得可能ということです。ではなぜ、歳をとると記憶力が落ちたと感じるのでしょうか? 

大人になって記憶が落ちたと感じるのは好奇心が薄れるため!?

スウェーデンの神経生理学者のブリスとレモは、θ波がシナプスの活動を活性化することを発見しました 。これは脳内にθ波を発生させれば記憶力が向上するということです。θ波を発生させられるもっとも効果的な方法は、覚えたいことに興味を持つ事。何にでも興味を持つ「好奇心」と「探究心」こそが、記憶にとって非常に重要であると指摘されています。

大人になって記憶力が落ちたと感じる原因の一つは、何事に対しても興味が薄れていくためだといいます。英語自体に好奇心を持つことが難しい方は、興味がある題材を通して英語を学習しましょう。

大人になって記憶力が落ちたと感じるのは錯覚!?

大人になると脳の性質が変化し、得意とする記憶の種類が変化することが、記憶力が落ちたと錯覚する原因の一つです。「幼少期は、意味の無い文字や絵や音(絶対音感など)に対して絶大な記憶力を発揮するのに対し、歳とともに論理だった記憶能力がよく発達する。

つまり、物事をよく理解して、その理屈を覚える能力が高くなる。そしてそのように記憶したことは忘れにくくなる。」と東京大学池谷準教授(脳科学)はいいます。つまり、大人になってから第二言語を習得するには、幼少期に言語を習得する課程・プロセスをまねて学習しても効果はあがらないということです。 

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)   

目標は「自分の言いたいことを自由に表現できる会話力。」by English Tutors Network

www.etn.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>