(まとめ) 英語の流暢さ向上のための音読

単語はある程度覚えた。文法も大体大丈夫。でも話せない。。。こんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、流暢に話せるようになるための『音読』のやり方とその効果についてです。ご参考になれば幸いです。

 自動化させる脳内の処理

英語の流暢さを向上させるには!?

 「読む・聞く・書く・話す」全ての言語活動の流暢さを向上させるには、表の①から⑧の脳内の処理を無意識に素早くできるように「自動化」する必要があります。「会話」は「聞く」ことと「話す」ことの連続です。

音読・リピーティング・シャドーイング、および暗唱・書き写し・ディクテーションは、それぞれ①から⑧のうちいくつかを自動化する効果があり、それらを組み合わせることで①〜⑧の全てをカバーすることができます。次回から具体的な方法をご紹介します。

音読の方法とその効果とは!?

音読は、書いてある英語の文章を、意味と文法構造を理解しながら声を出して繰り返し読むことで、①文字(単語)を見て、その意味を理解すること、 ②読んだ文の構文や文法構造を解析し理解すること、⑧適切な発音・イントネーションを選び発話することの自動化を促進します。

また、意味を理解しながら音読することにより、文の後ろから戻って日本語に訳すのではなく、英文を英文のまま前から理解する能力が向上します。

まだある音読の効果

音読について関西大学大学院の門田教授は、①文字言語を音声言語に即座に正確に変換するトレーニングを繰り返すことにより、文字を音声化することの自動化を促進する、つまり、文字を見たとき自動的に発音できるようになり、②意味内容を意識しながら音読することで、語彙や構文などを記憶し、潜在記憶化(自動化)する、つまり、語彙や構文も無意識的に理解できるようになるといいます。

また、音読を繰り返し練習することで慣れてくると、余裕が出てくるので音読と同時に意味内容も把握しながら音読することができるようになります。そうすると新たな語彙の理解や獲得もできるようになります。

まだまだある音読の効果

英エディンバラ大学特員教授の國弘正雄氏は、音読は使える英語を身につけるための基礎回路をつくるのに最適であると指摘しています。

医学博士で脳神経外科専門医の築山節氏は、音読は脳に良いと指摘しています。目で文字面を追っているだけでは理解していないこともありますが、スラスラと音読するためには、ある程度内容が理解できていなければできません。音読は確実な脳の情報処理を促す効果があるといいます 。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)   

目標は「自分の言いたいことを自由に表現できる会話力。」by English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です