日本人が英語を聞きとれない理由:音の脱落

日本人が英語を聞きとれない最大の理由である音のつながり(Liaison)のうち、今回は脱落(Elision)です。ちなみに、連結(Linking)はこちらで。同化(Assimilation)についてはまた後日ご紹介します。

これら3つとも日本語ではあまり起こらない現象のため日本人にとって難しく感じますが、それぞれの特徴を理解し、自分でも発音できるように繰り返し練習すれば必ず聞き取れるようになります。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。

音の脱落 (Elision) とは!

音の脱落(Elision)とは、自然な会話スピードでは発音しなくなることです。ゆっくりと発話した時には発音される音が、省略され、発音されなくなるので単語が聞き取りにくくなります。そのため、この「音の脱落」に慣れていないと、「音の連結」同様、文字では理解できても、音声では理解できないということが起こります。

音の脱落が起きても、その単語を聞き取れるようになるためには、脱落の規則性を理解し、そして自分でも脱落させて発音できるように、音声を聞き、それを真似ながら何度も練習する必要があります。

音の脱落 (Elision) の例:

want  /wɑ́nt/   +   to  /tu/   →   want to  /wɑ́n(t)tuː/  (ワントゥ)

big  /bíɡ/   +   garden  /ɡɑ́ːrdn/   →   big garden  /bì(g)gɑ́ːdn/  (ビッガードン)

take  /téik/   +   care  /kέər/   →   take care  /kèi(k)kɛ́ər/  (テイケア)

hot  /hɑ́t/   +   dog  /dɔ́ːɡ/   →   hot dog  /hɑ́(t)dɔ̀g/  (ハッドッグ)

good  /ɡúd/   +   teacher  /tíːtʃər/   →   good teacher  /gù(d)tíːtʃər/  (グッティーチャ)

cup  /kʌ́p/   +   board  /bɔ́ːrd/   →   cupboard  /kʌ́bɔːrd/  (カッボード)

 

just  /dʒʌ́st/   +   kidding  /kídiŋ/   →   just kidding  /dʒʌ́s(t)kídiŋ/  (ジャスキディン)

soft  /sɔ́(ː)ft/   +   ball  /bɔ́ːl/   →   softball  /sɔ́(ː)f(t)bɔ̀ːl/  (ソフボー)

cold  /kóuld/   +   weather  /wéðər/   →   cold weather  /kóul(d)wéðər/  (コールウェザー)

baked  /béikt/   +   potato  /pətéitou/   →   baked potato  /béik(t)pətéitou/  (ベイクポテイトー)

stopped  /stɑ́pt/   +   smoking  /smóukiŋ/   →   stopped smoking  /stɑ́p(t)smóukiŋ/  (ストップスモーキン)

pushed  /púʃt/   +   me  /míː/   →   pushed me  /púʃ(t)míː/  (プッシュミー)

 

don’t  /dount/   +   know  /nóu/   →   don’t know  /doun(t)nóu/  (ドンノウ)

can’t  /kǽːnt/   +   stop  /stɑ́p/   →   can’t stop  /kǽːn(t)stɑ́p/  (キャンストップ)     

 

次回は、同化(Assimilation)の紹介です。ちなみに、これら英語の発音についてのサイトをオープンしましたので、一度のぞいてみてください。こちらまで。

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングは English Tutors Network

www.etn.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>