Q. 中・高6年間英語を勉強したのに話せない理由?

このカテゴリーでは、英語学習についての様々な疑問に、なるべく明確に誰でも納得頂ける様にお答えしていきたいと思っています。英語学習にお悩みの方は是非ご連絡ください!今回は、中学・高校での英語の授業についてです。ほとんどの方は中学校1年から高校3年まで、最低でも6年間英語を勉強してきたと思います。でも外人に道を聞かれても答えられない!こんな英語学習意味あるんでしょうか?そもそもなんで6年間も勉強しても全くといっていいほど話せないのでしょうか?

A.  英語を「勉強」と捉えている限り英語を話せる様には絶対にならない!

日本の中学・高校での英語の学習は、英文を日本語に訳して内容を理解する文法訳読方式が未だメインです。この学習方法では、いくら時間をかけてもコミュニケーションのための英語は身に付きません。英語を話せるようになるためには、すなわちコミュニケーションのための英語を身につけるためには、英語を英語のまま理解し、英語を英語のまま発信するための「自動化」を促進する「作業」が必要になります。英語を「勉強」と捉えている限り、今後も、中学・高校での英語の授業だけでは英語を話せるようにはならないでしょう。

→詳しくはこちら

A.  中学・高校6年間でも学習時間が全く足りない!

え!って思いますよね。6年間でも足りないの?! はい。圧倒的に学習時間が足りないのです。英語を習得するには少なくても3,000時間の学習が必要です。中学校と高校での英語の授業時間の合計は約780時間。自主学習で同じくらいの時間を費やしたとしても1,500時間程度にしかなりません。これでは英語を話せなくても当然と言えるでしょう。

→詳しくはこちら

ではどうすればいいの?

中学・高校での6年間の英語の学習は、その方法も学習時間も、英語を話せるようになるためにはほど遠い状況ということです。では、そのような教育を受けて来た我々は、英語をものにするためどうすれば良いのでしょうか?この疑問になんとか答えようと格闘しているのがこのブログです。もし良かったら最初から読んでみてください。

今小学校から英語教育を開始しようと政府が検討しています。基本的には賛成ですが、今の中学・高校の学習方法を、小学生にやらせるだけなら時間の無駄だと思います。このことについては、またあとで詳しくご紹介したいと考えています。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

マンツーマンは和製英語。ワンオンワンのETNで本物のビジネス英会話力を。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>