アラン・ベネットのことば

 Alan Bennett

日本語訳:

「時として、次なんてない、休むこともできない、そして二度目のチャンスもない場合がある。時として、“今”しかない場合がある。」 〜 アラン・ベネット

英語解説

sometimes   /sʌ́mtàimz/   (副) 時々

there is no 〜: ~がない[存在しない]

next time: 次の機会 

time-out   /tíme óut/   (名) 一時中止、中断

second chance: 第二のチャンス

there is no ①, no ②, no ③: ①も②も③もない

it’s = it is: 漠然と状況を表す “it”。日本語には訳せない。

now   /náu/   (副) 今

never   /névər/   (副) 決して[絶対に]~ない ⇨ ここでは「今後決してない」の意。

アラン・ベネットって誰?

イギリスの劇作家、小説家、シナリオライター。1934年イギリス生まれ。1985・1987・1995年にロンドン映画批評家協会賞、1990・1992・2005年にローレンス・オリヴィエ賞、1996年に英国アカデミー賞、2006年にトニー賞、ドラマ・デスク・アワードを受賞している。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングは English Tutors Network で。

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>