アインシュタインのことば (6)

Albert Einstein

日本語訳:

「学ぶことを止めた時、それは死の始まり。」 〜 アルベルト・アインシュタイン

今更ですが、アインシュタインってどんな人?

ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。1921年のノーベル物理学賞を受賞。「私は天才ではない。ただ人よりも長く一つのことと付き合っていただけだ。」という言葉を残しています。

特殊相対性理論、一般相対性理論を発表した後、後半生の30年近くを重力と電磁気力を統合する統一場理論を構築しようと心血を注いだが、死により未完に終わっています。

死によって学ぶことを妨げられたアインシュタイン

アインシュタインは死ぬ直前まで統一場理論の完成に尽力しながら学んでいたのでしょう。アインシュタインの場合は、学ぶことを止めた時死が訪れたのではなく、死が学ぶことを妨げたといえるのではないでしょうか。統一場理論が完成していたら、今の世の中はどの様に変わっていたのか、非常に気になります。

また、アインシュタインは、ノーベル賞受賞後ニューヨークである少女に数学を教えていたことがあったそうです。少女の母親が、娘の家庭教師がアインシュタインと知って、慌てて彼の元を訪れたそうですが、そのとき彼は「私が彼女に教える以上のことを、私は彼女から教わっているのだから、礼には及びません」と返答したとのこと。

アインシュタインは少女に教えることによって何を教わったのでしょうか。教えることによって何か新たな発見があったのか。それとも、純粋無垢な少女の反応から何かを教わったのか。これも気になるところです。

上記のアインシュタインのことばに関連したことばとして、ミケランジェロは、87歳の時、下記のことばを残しています。

” I am still learning. ” – Michelangelo, age 87
「私は今もなお、学び続けている。」〜 ミケランジェロ 87歳」

詳しくはこちらへ。 

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です