アインシュタインのことば (7)

Albert Einstein

日本語訳:

「失敗したことがないということは、新しいことに挑戦したことがないという事だ。」〜 アルベルト・アインシュタイン

今更ですが、アインシュタインってどんな人?

ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。特殊相対性理論と一般相対性理論が有名ですが、それらの理論ではなく、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞。相対性理論があまりに難解だったためと言われているそうです。

1895年、スイスのチューリッヒ連邦工科大学を受験するも失敗。でも数学と物理の点数が最高点だったがため、視覚教育に力を入れていたアーラウの学校に通うことを条件に、翌年度の入学資格を得られました。

1900年7月チューリッヒ連邦工科大学を卒業しましたが、大学の物理学部長ハインリヒ・ウェーバーと不仲であったために、大学の助手になれませんでした。保険外交員、臨時の代理教員や家庭教師のアルバイトで収入を得つつ、論文の執筆に取り組んでいたそうです。

新しいことをしよう!そして失敗しよう!

アインシュタインについては、「天才」の代名詞ということもあり、素晴らしい業績が注目されていますが、失敗についてはあまり知られていないようです。

しかしながら、上記の言葉が本当にアインシュタインの言葉だとすれば、彼の素晴らしい業績も、多くの失敗があったからこそだったのでしょうね。

アインシュタインは、相対性理論に代表されるように、それまで誰も思いもつかなかった新しい理論を世に提唱し、それにより世の中の発展に大きく寄与しました。1999年、アメリカのニュース週刊誌『タイム』は、アインシュタインを『パーソン・オブ・ザ・センチュリー』(20世紀の人)に選出したそうですが、人類史上、世界に莫大な影響を与えた数少ない中の一人であることは間違いないでしょう。

アインシュタインは「人類」にとっての「新しいこと」に挑戦し続け、輝かしい業績を残しました。我々も、「人類にとって新しいこと」は無理かもしれませんが、「日本人にとって新しいこと」「自分の世代にとって新しいこと」、そして最低でも「自分にとって新しいこと」に挑戦し続けたいですね。あなたは最近どんな「新しいこと」を始めましたか?

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記) 

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>