ダライ・ラマ 14世のことば

Dalai Lama

日本語訳:

「話す時は、あなたは既に知っていることをただ繰り返しているだけ。しかし聞く時は、あなたは何か新しい事を学べる可能性がある。」〜 ダライ・ラマ 14世

今更ですが、ダライ・ラマ 14世って誰?

ダライ・ラマとは、チベット仏教で最上位クラスに位置する化身ラマの名跡である。大海を意味するモンゴル語の「ダライ」と、師を意味するチベット語の「ラマ」とを合わせたもの。

1950年に中国の人民解放軍がチベットを制圧、全域を自国に併合。1956年のチベット動乱で中国の共産党政府が行った人権侵害行為に反発して1959年にインドに亡命。チベット亡命政府を樹立後、その長としてチベットの自治権の存在を訴える活動を行っている。

1989年、世界平和やチベット宗教・文化の普及に対する貢献が高く評価され、ノーベル平和賞を受賞。ノーベル平和賞の受賞に対して中国政府は完全無視。関連図書の持込も禁止している。中国国内では、ネット上でのダライ・ラマ14世に関する議論も制限、統制されている。

グローバル・ビジネスでは聞くことと話せることが必要ということ

この世の中には「言わなければわからないだろう」と「言わなくてもわかるだろう」という2つの文化があるということを以前紹介しました(詳細はこちら)。言うまでもなく日本は「言わなくてもわかるだろう」の文化です。

一方で、グローバルビジネスの現場は「言わなければわからないだろう」といえるでしょう。自分の主張は、その根拠とともに理路整然と説明できなければ、グローバル経済の中を生きていけないでしょう。交渉力、ディベート力が必要ということです。

しかしながら、相手の言うことを全く聞かずに自分の主張のみ繰り返していたのでは、これもまた生きていけなくなるでしょう。相手から何かを学ぼうという謙虚な姿勢と、自分の意見は根拠と共に理路整然と、そして毅然と主張する姿勢の両方が必要ということでしょうか。

でも、先ずは英語力を磨きましょう。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すなら English Tutors Network

www.etn.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>