ジョン・レノンからのメッセージとは?

John Lennon

日本語訳:

「正直でいることは、必ずしも沢山の友人を持つことにはつながらない。しかし常に真の友人を持つ事につながる。」 〜 ジョン・レノン

今更ですが ジョン・レノン って誰?

ビートルズのリーダー。1980年12月8日23時頃ニューヨークの自宅アパート「ダコタ・ハウス」前でファンを名乗る男性により銃で撃たれ死亡。享年40歳。

1970年にビートルズが事実上解散した直後は、ジョンとポール・マッカートニーの二人の確執は当人のみならず、ファンやマスコミも周知の事実だったといいます。解散後しばらくは互いの楽曲中で中傷しあったりもしていました。しかしその後は親交を取り戻すようになったといいます。

ジョンは「ポールの悪口を言っていいのは俺だけだ。他の奴が言うのは許さない」と発言しています。親交の深かったハリー・ニルソンや秘書のメイ・パンにでさえ、ポールの悪口を言うことは許さなかったといいます。またレノンは、暗殺された日の1980年12月8日に行われた取材で「人生のうちで2回、すばらしい選択をした。ポールとヨーコだ。それはとてもよい選択だった。」と述べたと伝えられています。

ジョンにとってのポール・マッカートニー

ジョンにとってのポールはまさに “right one” だったのでしょうね。”right one” には “honest” になんでも話しますから、時にはぶつかり合う時もありますよね。でも、根本のところで理解し合っている “right one” 同士なので、多少のぶつかり合い程度では信頼関係は壊れないということでしょうか。

自分を作って多くの友人を作ったとしても、そんな友人といても楽しくないですよね。年を取ってくると、仕事関係の建前だけの付き合いがどうしても多くなり、”right ones” を新たに作ることが難しくなっていきます。そんなときに、自分を作る必要があまりなかった学生時代の友人 “right ones” に会うと、自分の素を出す事を恐れる必要もないので、ホットするんでしょうね。

たまには “right ones” を飲みに誘いましょうか。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)   

ビジネスで通用する英会話力を目指すなら、科学的トレーニング法の English Tutors Network

www.etn.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です