マハトマ・ガンディーの英語名言

日本語訳:

「世の中で起こってほしい変化を起こす人になれ。」〜マハトマ・ガンディー

英語解説

change /tʃéin(d)ʒ/ (名) 変化 ⇨ “the change”「変化」から「変化を起こす人」のニュアンス

Be the change: 命令形で「〜になれ」から「変化になれ」→「変化を起こす人になれ」。

you want to see (the change) in the world: カッコ内が関係代名詞になり、先行詞“change” の後に。しかしここではその関係代名詞は省略されている。

 

マハトマ・ガンディーって誰?

インド独立の父。南アフリカで弁護士をする傍ら公民権運動に参加。帰国後はインドの英国からの独立運動を指揮。その形は非暴力、不服従を提唱。この思想は世界中に大きな影響を与えた。1948年ニューデリーでヒンドゥー原理主義集団によって暗殺される。享年78歳。

ガンディーは「菜食は体に必要な最低限度を満たす」という結論に達し、厳格な菜食主義者になった。ガンディーの菜食主義は「殺されるのを嫌がっているものは食べない」という信念に基づいており、「自ら実をつけて熟して実を落とすものをとるべき」という徹底されたものであった。

 

著名人の名言をまとめたサイト「おすすめ英語名言 by ETN」をオープンしました。

無駄な学習をしていませんか?費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です