第16代ローマ皇帝アウレリウスのことば (2)

Marcus Aurelius

日本語訳:

「人生における喜びというのは、思考の質に左右される。」〜 マルクス・アウレリウス

英語解説

happiness   /hǽpinəs/   (名) 幸福
        happy   /hǽpi/   (形) 幸福な

depend (up)on 〜   /dipénd/ /ən/   (動) ~によって決まる

quality   /kwɑ́ləti/   (名) 質

thought   /θɔ́ːt/   (名) 思考

マルクス・アウレリウスって誰?

第16代ローマ皇帝(121-180年)。ネルウァ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニヌスに並ぶ皇帝(五賢帝)。ストア哲学などの学識に長け、軍事よりも学問を好んだ。「自省録」という著作を残している。これはプラトンの時代から学識者にとって理想とされた「哲人君主」の実現例と見なされている。

歴史家のカッシウス・ディオはアウレリウスについて以下のように書いています。

「……アウレリウスは厳格で賢明な生き方を選んだにも関わらず、苦難に満ちた人生を生きる結果になった。彼は常に持病と闘いながら、周囲の出来事を取りまとめることに奔走していた。しかしまさしく私はこうした人生を生きたからこそアウレリウスを尊敬する。途方も無い困難と苦難の中で彼は広大な帝国を維持することに努め、それを全うした。唯一つ、彼の息子への完全な教育を終えることができなかったことを除けば。ローマは、黄金の帝国から鉄と錆の王国へと没落し始めるのである。」

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すなら English Tutors Network

www.etn.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です