ビジネス英語表現:電話を受ける

 突然英語で電話がかかってきたらあせりますよね。電話での英語は決まった表現があるので、それを覚えておくと便利ですよ。Check them out!

ちなみに、ビジネスで使用される表現の三分の一程度は定型表現が占めるという統計があります。しかしながら、仕事で必要な英語力というのは、自分の言いたいことを自由に表現できる英語力です。それは定型表現をいくら覚えても習得できません。単語、文法、発音を基礎から学習し、その3つを組み合わせて無限の文を作れるようにする事が基本です。定型表現を覚えるというのはあくまで補足であるということを忘れないでください。

ビジネス英語定型表現まとめサイトをオープンしました。Check it out!

英語で電話がかかってきたら… 先ずは名乗りましょう。

Good morning  (Good afternoon / Good evening).
おはようございます(こんにちは/こんばんは)。

This is <Nippon Corporation>, <International Sales> Department, <Tanaka> speaking.
<日本> 株式会社 <国際営業> 部の <田中> です。

会社名と名前を伺いましょう。

May I have your name and company’s name (again), please?
お名前と会社名を(再度)お伺いできますでしょうか。

Who’s calling please?
どちら様でしょうか?

電話が遠い場合は…

Could you speak up a little please?
もう少し大きい声で言ってもらえますか?

名前などを聞き取れなかった場合はスペルを聞いて見ましょう。

Could you spell your name (your company’s name) for me, please?
お名前(会社名の)のスペルを教えていただけますか?

英語を話せる担当に電話を変わる場合は…

One moment, please.
少々お待ちください。

<もしくは>
I will put you through to the person in charge. Hold the line, please.
担当に代わりますので少々お待ちください。

ご用件を伺ってみましょう。

How may I help you?

What can I do for you?
ご用件お伺いできますでしょうか?

聞き取れなかった場合はもう一度言ってもらいましょう。

I am sorry, but could you say that again, please?

Could you go over that again, please?
申し訳ございません。もう一度言って頂けますか?

Can you speak a little slower, please?
申し訳ございません。もう少しゆっくり言って頂けますか?

相手が社内の <鈴木> と話したいと言っている場合は…

One moment, please.
少々お待ちください。

<もしくは>
Let me check if he/she’s in his/her office.
確認致しますので、少々お待ちください。

<鈴木> が ◯◯中の場合は…

<電話中>
I am afraid he/she’s on the other line.
申し訳ありませんが、鈴木は電話中でございます。

<ミーティング中>
I am afraid he/she’s in a meeting (at the moment).
申し訳ありませんが、ミーティング中でございます。

<外出中>
I am afraid he/she’s out of the office at the moment. He/She will be back at around <3> o’clock.
申し訳ありませんが、外出しております。<午後3> 時頃には戻ります。

<休暇中>
I am afraid he/she’s taking a day off today.
申し訳ありませんが、本日はお休みを頂いております。

メッセージがあるか聞いてみましょう。

Can I take a message?

Would you like to leave a message?
何かメッセージはありますか?

聞き取れなかった場合はもう一度言ってもらいましょう。

I am sorry, but could you say that again, please?

Could you go over that again, please?
申し訳ございません。もう一度言って頂けますか?

折り返しの電話が必要か聞いてきましょう。

Would you like him/her to call you back?
彼/彼女から折り返しお電話をさせましょうか?

念のため電話番号を聞いておきましょう。

May I have your phone number, please?
お電話番号をお伺いできますか?

聞いた事を確認しましょう。

Let me just repeat that for you.
念のため繰り返させて頂きます。

スムーズに電話を切りましょう。

<担当者に折り返し電話をさせる場合>
Thank you for calling. I’ll (I will) get him/her to call you back. Good-bye!
お電話ありがとうございます。折り返しお電話をさせます。それでは失礼します。

<担当者にメッセージを預かった場合>
Thank you for calling. I’ll make sure he/she gets the message. Good-bye!
お電話ありがとうございます。メッセージをお伝え致します。それでは失礼します。

<担当者が外出(休暇)から戻ったら電話をさせる場合>
Thank you for calling. I’ll get him/her to call you as soon as he/she gets back to the office. Good-bye!
お電話ありがとうございます。戻り次第折り返しお電話をさせます。それでは失礼します。

<担当者に電話があったことを伝える場合>
Thank you for calling. I’ll tell him/her you called. Good-bye!
お電話ありがとうございます。電話があった事を伝えます。それでは失礼します。
 

メール、来客、訪問、出張、プレゼン、ミーティング、ビジネス文書、交渉の定型表現はこちら!

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングは English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>