まとめ:英語習得のために必要な学習時間

「日本人は中学・高校と6年間も英語を勉強しているのに、英語ができないのはおかしい!」とよくいわれますが、そもそも中学・高校での英語の学習時間で十分なのでしょうか?気になったので調べた結果を以前もご紹介しましたが、今回はそのまとめです。

英語習得には最低でも3,000時間の学習が必要!?

英語習得に必要な学習時間

先ずは結論からご紹介しますと、アメリカやカナダの事例等を勘案すると、英語の習得には3,000時間以上の学習が必要であるということが導き出されます。中学・高校6年間での英語の学習時間は、授業と自主学習を合わせても多くて1,500時間程度ですので、それだけでは英語ができなくても当然といえます。

高校卒業以来英語にほとんど触れていない方であれば、最低でもあと1,500時間程度の学習が必要ということになります。1,500時間とは、1日1時間学習したとすると4年程度、1回1時間の英会話学校に週2回通った場合は14年かかる計算になります。ちなみに、ここでは学習方法等は無視しています。

中学・高校での英語の学習時間は1,500時間程度!?

中・高の英語学習時間

中学での英語の授業は、通常50分の授業を週4回です。1年を35週とした場合1年で約117時間です。高校では、通常50分の授業を週5回です。1年間で約146時間です。したがって中学・高校6年間で英語の授業はトータル約787時間になります。これに授業時間と同じ時間を自主学習にあてたとすると、中高6年間での英語の総学習時間は約1,500時間になります。

では、「日本人は中高と6年間も英語を学習してきたのに全く英語が話せない。」と言う事をよく耳にしますが、英語を習得するには、この1,500時間程度で十分なのでしょうか? 

米国務省の新人エリートは日本語習得に2,500時間!?

米国務省の日本語習得時間

アメリカ国務省の付属機関であるFSIによると、英語を母語とする国務省の新人エリートが日常生活にほとんど差し支えないレベルの日本語のSpeaking能力を獲得するまでに要した必要研修時間の平均値は2,400〜2,760時間だそうです。但し、FSIの研修生は国務省に採用されたエリート、将来の官僚・外交官です。

ちなみにFSIは、外国語をその難易度によって4つのグループに分類していますが、日本語は一番難しい第4グループに属しています。英語を母国語とする人にとって日本語の習得は非常に難しいことがわかります。そしてそれは、日本語を母国語とする人が英語を習得する場合にも当てはまります。

戦前の米海軍では約4,500時間で日本人捕虜の尋問が可能に!?

戦前の米海軍日本語学校で、日本語の知識が全くない状態から始めた場合の学習時間は、約4,500時間という統計があります。4,500時間学習した後は、日本人捕虜の尋問や新聞も読めるようになったという記録があります。この事例と前回紹介したアメリカ国務省の事例はアメリカ人が日本語を学習する場合なので、日本人が英語を学習する場合にそのまま摘要することはできませんが、非常に参考になりますよね。

カナダのバイリンガル教育は最低でも2,100時間!

カナダでは40年近く「イマージョン方式」によるフランス語と英語のバイリンガル教育を行っています。イマージョン方式というのは、算数、理科、社会といった主要教科を学習するときに外国語を使うやり方です。

フランス語が母語の小・中・高校の学生に対してこの方法で英語を習得させる場合、中級レベルの目標である「ときおり辞書の助けを借りる程度で、新聞や興味のある本を読め、テレビやラジオを理解し、会話の中でまずまずの対応ができる」までになるには、最低でも2,100時間かかるとされています。

英語とフランス語は言語間の距離からいえば英語と日本語よりかなり近いので、日本人が英語を学習する場合は2,100時間以上かかるはずです。

著者の場合は仕事で使える英語力習得まで4,000〜5,000時間!

私(著者)の場合は、中高で自主学習を含めた約1,500時間に、大学の授業、ビジネススクール受験の為のTOEFL、GMAT対策学習に要した時間を加えると、トータルで3,000〜4,000時間になると思います。この時点でTOEFL630点を取得しましたが、「話す」ことに関しては到底使えるレベルではなかったことを覚えています。

その後、ビジネススクールで2年、業務で3年程度英語を使用した後にTOEICを受ける機会があり、その際990点を取得しました。授業や業務で英語を使った時間も考慮すると、仕事でそれほど支障なく使える英語を身につけるまでに、4,000〜5,000時間はかかったと思います。

高校卒業以来全く英語に触れていない場合あと1,500時間必要!

今までのいくつかの事例から、大人が英語を習得するには最低でも3,000時間の学習が必要であり、中高での英語学習時間では到底足りず、最低でもあと1,500時間の学習が必要になることが見えてきました。

しなしながら、1,500時間という数字は、個々の能力や学習方法によってかなりの幅がでてくることも確かです。現在では神経科学(脳科学)や認知心理学などを応用した学習方法の研究や、第二言語習得に関する研究も進んでいます。お忙しいビジネスパーソンの方々が可能な限り効率的で効果的な学習方法で英語を習得して頂きたい。それがETNの願いです。 

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)   

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>