まとめ:覚えるべき英単語数とは!?

英単語は2,000ワードファミリーが第一目標!

英単語数は、最重要基本語2,000ワードファミリーとビジネスでの頻出語の習得がビジネスパーソンの第一目標です。ワードファミリーとは、活用語や派生語も一つの語として数えます。例えば、「creative」「creativity」「creation」「creator」などは同じ語として数えられます。

2000語のカバー率

中学校3年間で学習する単語は約1,100〜1,200語なので、それに加えて1,000語弱の重要語と、それらの派生語と活用語、そしてビジネスでよく使用される語彙を使えるようにすることです。これは、英言語学者のSutarsyah氏らの研究、神戸大学准教授石川氏の調査 、そして米ブラウン大学の研究から導きだされた目標です。 

イギリス英語の単語は2,000語を覚えれば大丈夫!?

順番に詳しく見ていきましょう。イギリスの言語学者が総単語数295,294語の1冊の経済学のテキストを調べた結果、最重要語2,000ワードファミリーで82.5%を占めていました。実際には、このテキストには最重要語2,000語のうち1,577語が使用されていたそうです。その1,577語に経済学の専門用語636語を含めると、トータル2,213語で全体の91%以上を占めていたそうです。

最重要語2,000が理解できれば、大学の経済学のテキストのような難解そうな本でも、その内容のほとんどは理解できることになります。

英ビクトリア大学語彙数カバー率

話す英語と書く英語の必要な単語数は違う!

神戸大学の石川准教授によると、イギリス英語のコープスを調べた結果、レマ単位2,000〜3,000語で85〜90%を占めていました。レマ単位とは、文法ルールに則って変化する活用語は一つの語として数えますが、派生語は含まれません。

また、書き言葉よりも話し言葉の方が、少ない語数でより高いパーセンテージを占めていました。つまり、話しことばの方が書きことばよりも語彙数が少ないということを示しています。ネイティブも、使える(話す)英語の範囲は、理解できる(読む)英語の範囲よりも狭いという証明です。

イギリス英語語彙数カバー率

英単語は習得すべき最重要語の選別に注意!

米ブラウン大学のデータベースを研究した結果、最重要語2,000〜3,000語(レマ単位)で全体の79〜84%を占めていたそうです。この調査によると、上位2,000語の占める割合は79%なのに対して、上位2,001語から6,000語までの4,000語の占める割合が10%程度しかない事がわかります。

この結果からも、最重要語の選択が学習の効率性に非常に大きく影響することがわかります。語彙習得のための教材を選ぶ際は、掲載されている語彙がどのように選定されているかを十分にチェックしましょう。

米ブラウン大学語彙数カバー率

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

マンツーマンは和製英語。ワンオンワンのETNで本物のビジネス英会話力を。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です