まとめ:日本人の英語の発音が通じない理由?!

日本人にとって英語の発音は難しいですよね。なぜでしょう?その理由がわかれば対策も立てられます。今日は英語の発音についてのまとめです。

臨界期を過ぎたら英語の発音の習得は無理?!

言語習得能力が格段に低下する臨界期まで日本語のみを聞いて育ったのであれば、特に発音をネイティブ並に高めようとするのは不可能だと脳科学から指摘されています 。しかしながら、ビジネス上の目的を達成するために必要なことを伝えられれば良いわけです。そしてそれは、大人になってから学習を始めても十分可能です 。

カギは、運動系の習得にはあまり年齢は関係ないということです。声は喉と舌と唇の強調した動きによって作られる運動系です。つまり年齢に関係なく、この動きを練習することによって英語の発音を習得することは十分可能といわれています。

日本人には英語の発音が難しい理由とは?

一般的に、英語の子音は24あるといわれているのに対し日本語は16 、母音は英語20に対し日本語5です。例えば子音「L」と「R」や、「Si」と「Shi」などの違い、母音「but」や「bat」の違い、「hate」や「kite」の二重母音、更に無母音声など。

母国語で使われない音は、母国語の似た発音に引き込まれる現象をマグネット効果といいますが、日本語を母国語とする人は「L」と「R」はどちらも「ラリルレロ」、「Si」と「Shi」はどちらも「シ」、無母音声の「cry」は全て母音が入ってしまいます。

英語は日本語には無い発音が多いため日本人には正確に発音することが難しいといわれています。

日本人の英語が通じないのはネイティブの想像力欠如が理由?

日本語は発音数が少ないので、同じ発音で異なる意味を表す語彙が非常に多い。例えば「かこう」は「河口」「火口」「加工」など数多くある。つまり日本語の聞き手は、話し手の意図することを正確に理解するために想像する能力が発達しています。

一方で英語は発音数が多いため、そのような語彙は圧倒的に少ない。つまり英語の聞き手は、想像する必要はないが、発音を正確に聞き取る必要がある。しかし日本人は英語を正確に発音できない。加えて、聞き手は想像してくれない(想像する能力がない)。日本人の英語が通じない理由です。 

日本人の英語が通じない理由はわかりました。次は対策ですね。

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。(2016年12月15日追記)  

目指すは世界標準のビジネス英会話力。ETN がサポートします。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>