スティーブ ジョブズの単語・文法解説 (2)

Steve Jobs

2005年にスティーブ ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行った、あの有名なスピーチの英単語と英文法を解説します。今回は全5回のうちの2回目です。スティーブ ジョブズから英語を教わりましょう!

ちなみ英会話ETNトレーニング法では、全スピーチの単語と文法の解説に加えて、ジョブズの「音の連結」「音の脱落」「音の同化」「強弱(リズム)」についての詳細な解説も掲載しています!

オリジナル動画はこちら

Steve Jobs: 2005 Stanford Commencement Address:  filmed June 2005 – 2

 

(3:23)
And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example: Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and sans-serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great.

much of 〜: 〜の多く

stumble   /stʌ́mbl/   (動) 遭遇する
        stumble into 〜: 〜に遭遇する

curiosity   /kjùəriɑ́səti/   (名) 好奇心

intuition   /ìntjuíʃən/   (名) 直感

much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition: 
ここまでが主語。 “what” は先行詞を含む関係代名詞 (上述参照)。全体の意味は「私が直感と好奇心で遭遇した多くのこと」の意。

turn out to be 〜: 結局~であることが分かる

priceless   /práislis/   (形) 値段が付けられないほど貴重な

later on: あとで

at that time: 当時は

calligraphy   /kəlígrəfi/   (名) カリグラフィー (美しく書かれた手書き文字)
        calligraph   /kəlígrəfi/   (動) 美しく書く

instruction   /instrʌ́kʃən/   (名) 教育

throughout   /θru(ː)áut/   (前) ~のあらゆる場所に

drawer   /drɔ́ːr/   (名) 引き出し 

every poster, every label on every drawer, was 〜: “every” は単数で受けるため “was”。

I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to 〜: “decided to 〜” した時より更に過去のため “had dropped” と過去完了になっている。

serif   /sérif/   (名) セリフ書体

sans-serif   /sæn(z)sérif/   (名) サンセリフ書体

typefaces   /táipfèis/   (名) 活字書体

vary   /vέəri/   (動) ~を変える

about what makes great typography great: 
“〜 learned about 〜, about 〜, (and) about 〜.” の3つ目の “about”。通常3つ目の前に “and” を入れるが省略されている。 “what” は先行詞を含む関係代名詞 (上述参考)。 “make + O + C” で「OをCにする」の意。全体では「素晴らしいカリグラフィーをより素晴らしくすること」の意。

 

 

(4:03)
It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t capture, and I found it fascinating. None of this had even a hope of any practical application in my life. But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts.

historical   /histɔ́(ː)rikl/   (形) 歴史的な

artistically   /ɑːrtístikəli/   (副) 芸術的に

subtle   /sʌ́tl/   (形) 繊細な

in a way that S+V: SがVする方法で

capture   /kǽptʃər/   (動) 捕らえる

fascinating   /fǽsənèitiŋ/   (形) 魅力的

find + O + C: OがCだとわかる

None of A + V: Aのどれもが V ではない

hope   /hóup/   (名) 見込み

practical   /prǽktikl/   (形) 実用的な

application   /æ̀plikéiʃən/   (名) 有用性

None of this had even a hope of 〜: “this” は “calligraphy”。 “even” は (副)「~さえも」の意。全体の意味は「カリグラフィーのどれもが〜の見込みさえ持っていなかった」から「カリグラフィーは全く〜の希望すらなかった」の意。

Macintosh   /mǽkintɑ̀ʃ/   (名) マッキントッシュ (= Mac)

it all came back to me: “all” は上述参照。 “come back” は「戻ってくる」から「思い出される」の意。全体では「それがすっかり私に戻ってきた」から「それを全て思い出した」の意。

design A into B: 「BにAを設計した」から「BにA組み入れた」の意。

proportionally   /prəpɔ́rʃənəli/   (副) 比例的に

space   /spéis/   (動) 間隔を空ける

font   /fɑ́nt/   (名) フォント
        proportionally spaced fonts: 均整のとれた間隔のフォント

If I had never dropped in on 〜, the Mac would have never had 〜: 仮定法過去完了。ここでは「もしあの時〜しなかったら、〜しなかったであろう」の意。

 

 

(4:36)
And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them. If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backwards ten years later.

since   /síns/   (接続) ~なので

just   /dʒʌ́st/   (副) 単に

likely   /láikli/   (形) あり得る
        it is likely that 〜: おそらく〜です

no personal computer would have them: 仮定法過去の主節で「〜であろう」の意。 “them” は “multiple typefaces or proportionally spaced fonts”

If I had never〜, I would have never〜, and personal computers might not have 〜: 
仮定法過去完了で、ここでは「もし私が〜していなかったら、私は〜していなかったし、PCは〜していなかったかもしれない。」の意。

that they do: “that” は関係代名詞。 “they” は “personal computers”。 “do” は “have”。で「PCが (今) 持っている (wonderful typography)」の意。

look forward: 「前を見る」から「将来を見る」の意。ここでは “looking forward” と分詞構文で「将来を見ながら」の意。 

look backward: 「過去を振り返る」の意。 ここも “looking backward” と分詞構文で「過去を振り返りながら」の意。

it was very clear (to connect the dots) looking backwards ten years later: 
カッコ内が省略されている。「10年後、過去を振り返りながら点をつなぐことは非常に明確だ」から「10年後、過去を振り返ると点がつながることは明確だ」の意。

 

 

(5:06)
Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something, your gut, destiny, life, karma, whatever. Because believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart. Even when it leads you off the well worn path, and that will make all the difference.

somehow   /sʌ́mhàu/   (副) 何らかの形で

trust in 〜: 〜を信頼する

gut   /gʌ́t/   (名) 直感

destiny   /déstəni/   (名) 運命

karma   /kɑ́ːrmə/   (名) 宿命

down the road: 「この道の向こうで」から「将来いつか」の意。

believing that the dots will connect down the road: ここまでが主語。「(“that” 以下のこと) を信じることは」の意。

confidence   /kɑ́nfidəns/   (名) 自信

heart   /hɑ́ːrt/   (名) 心

give you the confidence to 〜: give + A + B「AにBを与える」。ここでは「あなたに〜する自信を与える」の意。

even when 〜: ~のときでさえ

lead   /líːd/   (動) 連れて行く

off   /ɔ́(ː)f/   (前) ~から離れて

worn   /wɔ́ːrn/   (形) (“wear” の過去分詞) 擦り切れた (ここでは「使い古された」の意。)

path   /pǽθ/   (名) (踏み固められてできた) 小道 (ここでは「人が取るべき道筋」の意。)

Even when it leads you off the well worn path: 「それ (your heart) が、踏み固められた人が取るべき道筋から外れてあなたを導いたとしても」の意。

that will make all the difference: “that” は “to follow your heart”「あなたの心に従うこと」。 “make the difference” は「違いを作る」から「状況を一変させる」の意。 “all” は前述を参照。

 

 

(5:33)
My second story is about love and loss. I was lucky. I found what I loved to do early in life. Woz and I started Apple in my parents’ garage when I was 20. We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4000 employees. We had just released our finest creation the Macintosh a year earlier, and I had just turned 30. And then I got fired.

loss   /lɔ́(ː)s/   (名) 失ったもの

what I loved to do: “what” は先行詞を含む関係代名詞で「私がやりたいこと」の位。主節の動詞 “found” と時制を合わせて過去形になっている。

early in life: 人生の早い時期に

Woz : Steve Wozniak (アップルの共同設立者。Apple I、IIをほぼ独力で開発した)

garage   /gərɑ́ː(d)ʒ/   (名) ガレージ、車庫

in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4000 employees: Apple設立から10年経った時 (このスピーチ時より過去) に、 “2 billion company” に成長したので、 “had grown” と過去完了になっている。 “grow from A into B” で「AからBへ成長する」の意。 “with” は「~と共に」から「〜を雇う」の意。ここでは「ガレージの我々たった2人から、従業員4,000人以上の20億ドルの会社へ成長した」の意。

release   /rilíːs/   (動) 発売する

creation   /kriéiʃən/   (名) 作品

We had just released our finest creation the Macintosh a year earlier: “2 billion company” に成長した “a year earlier” (1年前) に “release” したので過去完了。 “our finest creation” と “the Macintosh” は同格。

turn   /tə́ːrn/   (動) 「〜へと方向を変える」から「~才になる」の意。

and I had just turned 30: “the Macintosh” を “release” してからすぐ30歳になったので、ここも過去完了。

fire   /fáiər/   (動) 解雇する
        get fired: “be fired” と同じ意味を表す受動態。「解雇される」の意。

And then I got fired: “2 billion company” に成長した後に “fired” されたので、ここは過去形。

 

続きはまた今度!

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します

英語学習はもっと科学的に。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>