スティーブ ジョブズの単語・文法解説 (1)

Steve Jobs

2005年にスティーブ ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行った、あの有名なスピーチの英単語と英文法を解説します。今回は全5回のうちの1回目です。スティーブ ジョブズから英語を教わりましょう!

ちなみ英会話ETNトレーニング法では、全スピーチの単語と文法の解説に加えて、ジョブズの「音の連結」「音の脱落」「音の同化」「強弱(リズム)」についての詳細な解説も掲載しています!

オリジナル動画はこちら

Steve Jobs: 2005 Stanford Commencement Address:  filmed June 2005 – 1

 

(0:00)
Thank You. I am honored to be with you today for your commencement from one of the finest universities in the world. Truth be told I never graduated from college and this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories.

honor   /ɑ́nər/   (動) 光栄と感じさせる
        be honored to 〜: 〜して光栄です

commencement   /kəménsmənt/   (名) 卒業式: 動詞commence  /kəméns/ は「始まる」の意。その名詞「始まり」から「卒業式」の意。

truth be told: 「真実は語られる」から「実を言うと」の意。

I (have) never graduated 〜: 現在完了形の “have” が省略されている

this is the closest I have ever gotten to a college graduation: 
“this” は「この場」のこと。 “the closest” は「一番近いところ」の意。次の “I” 以下がどのような「一番近いところ」かを説明している。 “closest” の後に “place where” を入れると理解しやすい。 “get to 〜” は「〜に到達する」。「経験」を現す現在完了形で、全体の意味は「この場所は、私が今までに大学の卒業式というところに到達した一番近いところ」

want to: 口語では通常 “wanna”  /wɑ́nə/ と発音される。

that’s (that is) it: 「ただそれだけです」の意。 “that’s (that is) all” と同じ意。口語では良く使用される。

deal   /díːl/   (名) 取引
        no big deal: 「大きな取引ではない」から「大したことはない」の意。

 

 

(0:55)
The first story is about connecting the dots. I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out? It started before I was born. My biological mother was a young, unwed graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife.

connect   /kənékt/   (動) ~をつなぐ

dot   /dɑ́t/   (名) 点

drop out of 〜: 「〜から落ちる」から「~から中退する」の意。 “out of” = “from”

Reed College: ジョブズが中退したリード大学

stay around: 「周りにとどまる」から「うろうろする」の意。

drop-in: “drop in 〜” は動詞句で「〜 の中に落ちる」から「〜に立ち寄る」の意。名詞の “drop-in” は「立ち寄る人」から「大学の聴講者」(正規の学生ではない)の意。

〜 or so: 「〜もしくはそれくらい」から「〜かそれくらい」の意。

quit   /kwít/   (動) やめる

biological   /bàiəlɑ́dʒikl/   (形) 生物学の: “biological mother” は「生物学上の母」から「産んでくれた母親」

unwed   /ʌ̀nwéd/   (形) 未婚の: “wedding” の “wed”。 “un” は否定の意。

graduate student: 大学院生: 大学生は “undergraduate student”

adoption   /ədɑ́pʃən/   (名) 養子縁組
        adopt   /ədɑ́pʃən/   (動) 養子にする

put me up for adoption: “put 〜 up” もしくは “put up 〜” は「〜を上へ置く」の意。全体の意味は「私を養子縁組のために上へ置く」から「私を養子縁組に出す」の意。

graduate   /grǽdʒuət/   (名) 卒業生

be all set to 〜: 「〜するために完全に整えられる」の意。: “all” は副詞で「完全に」の意。

at birth: 「生まれた時に」の意。

everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife
“for me to be adopted” は「私が養子に出される」の意。 “to”不定詞の主語は “for 〜” で表す。全体の意味は「私が生まれた時に、弁護士夫妻に養子に出されるよう全てが完全に整っていた。」の意。

 

 

(1:31)
Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl. So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: “We have an unexpected baby boy; do you want him?” They said: “Of course.” My biological mother found out later that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would go to college. This was the start in my life.

except   /iksépt/   (接続) (~ということを) 除いて
        Except that 〜: (that以下) であることを除いては。ここでは “when” から “a girl” までのことを除いては、の意。

pop   /pɑ́p/   (動) 飛び出す
        pop out: 「パッと飛び出す」から「生まれる」の意。

at the last minute: 「最後の時に」から「土壇場になって」の意。

when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl: 
“popped out” までで一区切りで「私が生まれた時」の意。つづく文は “at the last minute” をカッコに入れると理解しやすい。 “they decided that 〜” は「彼らは本当に女の子が欲しいということを決心した」の意。

who were on the waiting list: “who” は関係代名詞。先行詞は “my parents”

waiting list: 順番待ちリスト
        be on the waiting list: 順番待ちリストに載っている

got a call in the middle of the night asking 〜: 
“in the middle of night” をカッコに入れると理解しやすい。 “got a call asking 〜 ” “asking” の主語は “a call” で「電話を受けたが、その電話は〜を尋ねた」の意。

in the middle of night: 「夜の真ん中に」から「真夜中に」の意。

unexpected   /ʌ̀nikspéktid/   (形) 予期しない
        expected   /ʌ̀nikspéktid/   (形) 予期された

of course: もちろん

find out that: (that以下の事を) 見いだす、気づく
        find out that my mother had never graduated from college: “found out” した時より更に過去のため過去完了の形。「母が大学を卒業していなかったことがわかった」の意。

refuse   /rifjúːz/   (動) 拒否する

final adoption papers: 養子縁組の最終書類 (契約書)

relent   /rilént/   (動) (決意などが) 折れる

She only relented a few months later when my parents promised that I would go to college: 
“only” はここでは「~になってようやく」の意。 “when” は関係副詞。先行詞は “a few months later” で「(when以下のことが) 起こった数ヶ月後」の意。 “when” 節の中は「私の両親は、私が大学に行く事を約束した」の意。「私」の両親が約束したのは過去 (promised) で、その過去の時点から、将来「私」が大学に行くという未来のことを言っているので、時制を一致させて “will” ではなく “would” が使われている。 

 

 

(2:12)
And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn’t see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK.

I did go to college: 大学に行ったことを強調するために “went to ” ではなく “did go to” としている。

naively   /nɑívli/   (副) 無邪気に
        naive   /nɑːíːv/   (形) 単純な (日本語のナイーブの意味はなく、ネガティブの意味のみ)

be as expensive as 〜: 〜と同じくらい費用がかかる

working-class   /wə́(ːr)kiŋ/ /klǽs/  (形) 労働者階級の

savings   /séivɪŋz/   (名) 貯蓄

tuition   / tju(ː)íʃən /   (名) 授業料

all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition: 
受動態の過去進行形で「使われていた」の意。

see the value: “see” は「理解する」の意で、「価値を理解する」の意。

I have no idea what (how) 〜: 「(“what (how)” 以下) のことはわからない」の意。

what I wanted to do with my life: “what” は先行詞を含む関係代名詞「〜すること (もの)」の意で、全体では「私が人生でやりたいこと」の意。

help (人) figure out 〜: 「(人) が 〜 をfigure out (見つける) することを助ける」の意。help + O + 動詞の原形:Oが〜することを助ける

how college was going to help me figure it out: 
“how” は先行詞を含む関係副詞「〜する方法」の意。全体では「私がそれを見つけるために大学が助けてくれる方法」から「私がそれを見つけるために、大学がどのように助けてくれるか」の意。

I was spending all of the money my parents had saved their entire life: 
“money” の後に関係代名詞 “that” もしくは “which” が省略されている。 “had saved” と過去完了となっているが、それは “I was spending” よりも更に過去のため。 “their entire life” は「彼らが生涯に」と副詞的に使われている。 

trust   /trʌ́st/   (動) 信頼する

work out 〜: 結果が~になる

it would all work out OK: “decided (to trust)” した過去の時点から見て未来を表すために、時制を一致させて “will” が “would” となっている。 “all” は副詞で「すっかり」の意。全体では「すっかりうまくいくと信じることを決めた」の意。

 

 

(2:47)
It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked far more interesting. It wasn’t all romantic. I didn’t have a dorm room, so I slept on the floor in friends’ rooms, I returned coke bottles for the 5 cent deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it.

pretty   /príti/   (副) とても

scary   /skέəri/   (形) 怖い

at the time: 当時は

but looking back it was one of the best decisions I ever made: 
“looking back” は分詞構文で “when I look back” の意。通常、分詞構文の意味上の主語 (ここでは “I”)は、文の主語 (ここでは “it”) と同じになるのが原則だが、ここでは異なっている。 “decisions” の後に関係代名詞 “which” もしくは “that” が省力されている。 “I (have) ever made” は “have” が省略されている。口語ではよくある。

the minute (that) S+V: SがVした瞬間に

stop 〜ing: 〜することをやめる (stop to V: Vするために止まる)

begin 〜ing: 〜することを始める

drop in on 〜: 〜へ立ち寄る (drop in で「立ち寄る」の意。「どこか」「誰かのところ」に立ち寄るという場合は “on” を付ける)

ones: ここでは “classes” のこと

look   /lúk/   (動) ~のように見える

far more: はるかに

romantic   /roumǽntik/   (形) ロマンチックな (直前の “all” は副詞。否定文では、「全てが~というわけではないで」の意。ジョブズはこの “all” をよく使う)

dorm   /dɔ́ːrm/   (名) =dormitory 学生寮

deposit   /dipɑ́zət/   (名) 保証金

to buy food with: 「食料を買うために」の意。 “with” がなくてもよい様に思えるが、ここでは必要。 例えば “Do you have something to eat?” の場合は “to eat something” と言えるので “to eat” の後は何も必要ない。ここでは “to buy food with 5 cent deposits” となり、 “with” がないと意味が通じない。

I would walk the 7 miles across town every Sunday night: “would” はここでは過去の習慣を表し「〜したものだ」の意。

 

続きはまた今度!

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。 English Tutors Network

www.etn.co.jp

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です