スティーブ ジョブズの単語・文法解説 (5)

Steve Jobs

2005年にスティーブ ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行った、あの有名なスピーチの英単語と英文法を解説します。今回は5回目で最後です。スティーブ ジョブズから英語を教わりましょう!

ちなみ英会話ETNトレーニング法では、全スピーチの単語と文法の解説に加えて、ジョブズの「音の連結」「音の脱落」「音の同化」「強弱(リズム)」についての詳細な解説も掲載しています!

オリジナル動画はこちら

Steve Jobs: 2005 Stanford Commencement Address:  filmed June 2005 – 5

 

(11:28)
I had the surgery and thankfully I’m fine now. This was the closest I’ve been to facing death, and I hope it’s the closest I get for a few more decades. Having lived through it, I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but purely intellectual concept: No one wants to die. Even people who want to go to heaven don’t want to die to get there. And yet death is the destination we all share. No one has ever escaped it. And that is as it should be, because Death is very likely the single best invention of Life. It is Life’s change agent.

surgery /sə́ːrdʒəri/ (名) 手術 ⇨ have a surgery: 手術を受ける

thankfully /θǽŋkfəli/ (副) 幸いなことに

This was the closest I’ve been to facing death: “This” は、手術を含めた一連の出来事のこと。“the closest” は「一番近いところ」の意。次の “I” 以下がどのような「一番近いところ」かを説明している。 “closest” の後に “place that (関係代名詞)” を入れると理解しやすい。“have been to 〜” は「経験」を現す現在完了形で「〜行ったことがある」の意。 “facing 〜” は “the closest (place)” を修飾して「〜に直面する (一番近いところ)」の意。全体の意味は「これは、私が今までに経験した、死に直面した一番近いところ」の意。

decade /dékeid/ (名) 10年

I hope (that) it is the closest I get for a few more decades: “hope” の後に “that” が省略されている。 「私は “that” 以下のことを望む」という意味で “that” 以下は将来を示すがここでは現在形が用いられている。 ここは “closest” の後に “place where (関係副詞)” を入れると理解しやすい。“get” は「至る」の意で、 “get to” と “to” があれば “place that” と関係代名詞が入るが、ここでは “to” がないため関係副詞が入る。 “for a few more decades” は「更に二、三十年の間は」の意。

live through 〜: 「〜を通って生きる」から「(危機など) を乗り切る」の意。

Having lived through it, (I can 〜 ): 分詞構文。 “(As) I have lived through it,” 「私はそれを乗り切ったので」を簡潔にしている。

with /wíð/ (前) ここでは「~を備えて」の意。

bit /bít/ (名) 少し ⇨ a bit more 〜: もう少し〜

certainty /sə́ːrtnti/ (名) 確実性 ⇨ with certainty: 確信も持って

purely /pjúərli/ (副) 単に

intellectual /ìntəléktʃuəl/ (形) 知的

concept /kɑ́nsept/ (名) 概念

I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but purely intellectual concept: “this” はこの文の次に続くことばのこと。 “a bit more 〜 than when …” で「…の時よりも、もう少し〜」の意。

Even people who want to go to heaven: ここまでが主語。 “who” は関係代名詞で「〜したい人ですら」の意。

get there: 「そこに行く」の意。ここでは “there” は “heaven”。

yet /jét/ (接) それにもかかわらず

destination /dèstənéiʃən/   (名) 行き先

share /ʃέər/ (動) 共有する

No one has ever escaped it: 経験を表す現在完了で、ここでは「今までかつて〜した人はいない」の意。 “it” は “death”。

that is as it should be: “that” は前文全てを表す。 “as” は接続詞で「〜だから」の意。全体では「それは、そうあるべきだからである」の意。

very likely: ~の可能性が非常に高い

single /síŋgl/ (形) 唯一の (最上級を強める)

invention /invénʃən/ (名) 発明

agent /éidʒənt/ (名) 主体 ⇨ change agent: 変化をもたらすもの

 

 

(12:15)
It clears out the old to make way for the new. Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away. Sorry to be so dramatic, but it is quite true. Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

clear out: “out” は「外へ」のニュアンス。「外に出してきれいにする」から「追い出す」の意。主語の “it” は “Death”。

the old: 年老いた人 (“the” + 形容詞で「〜の人」の意。) ⇔ the new: 新しい人

make way for 〜: 〜のために道をあける

but someday not too long from now: “someday” とそれ以下は同格。「今からそれほど遠くないいつか」の意。

gradually /grǽdʒuəli/ (副) 徐々に

clear away: “away” は「離れて」のニュアンス。「離してきれいにする」から「退去させる」の意。

sorry to 〜: ~して悪いのですが

dramatic /drəmǽtik/ (形) 大げさな

quite /kwáit/ (副) 全く

don’t waste it living someone else’s life: “waste O + 〜ing” で「〜しながらOを無駄にする」の意。 “it” は “your time”。 全体では「他人の人生を生きることでそれを無駄にするな」の意。

trap /trǽp/ (動) だます

dogma /dɔ́(ː)gmə/ (名) 定説

live with 〜: 〜に甘んじる

dogma which is living with the results of other people’s thinking: “which” は関係代名詞。「他人が考えた結果に甘んじることである “dogma”」の意。

let /lét/ (動) させる ⇨ let O + V: OにVさせる

drown /dráun/ (動) 「~を溺死させる」から、ここでは「〜をかき消す」の意。⇨ drown out 〜: “out” は「外に」のニュアンス。「〜を外にかき出して消す」のニュアンス。

inner /ínər/ (形) 内側の

Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice: “of” は、ここでは同格で「他人の意見という雑音」の意。「“the noise of others’ opinions” に “your won inner voice” を “drown out” させるな」の意。

most important: 副詞句的に「最も重要なことは」の意。

courage /kə́ːridʒ/ (名) 勇気

intuition /ìntjuíʃən/ (名) 直感

They somehow already know what you truly want to become: “they” は “your heart and intuition”。 “what” は先行詞を含む関係代名詞で、 “what” 以下は「あなたが本当になりたいもの」の意。

secondary /sékəndèri/ (形) 二次的な、あまり重要でない

 

 

(12:57)
When I was young, there was an amazing publication called The Whole Earth Catalog, which was one of the bibles of my generation. It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park, and he brought it to life with his poetic touch. This was in the late 1960′s, before personal computers and desktop publishing, so it was all made with typewriters, scissors, and polaroid cameras. It was sort of like Google in paperback form, 35 years before Google came along: it was idealistic, overflowing with neat tools, and great notions. 

publication /pʌ̀blikéiʃən/ (名) 出版物

whole /hóul/ (形) 全体の

bible /báibl/ (名) 必読書

generation /dʒènəréiʃən/ (名) 世代

fellow /félou/ (名) 男

far from 〜: 〜から遠い

not far from here in Menlo Park: “not far from here” と “in Menlo Park” は同格。「ここからそんなに遠くないメンロパークで」の意。

bring 〜 to life: 「〜を生に連れて行く」から「~を産み出す」の意。

poetic /pouétik/ (形) 詩のような

touch /tʌ́tʃ/ (名) 作風、タッチ ⇨ with 形容詞 + touch: (形容詞) な作風で

desktop publishing: デスクトップ・パブリッシング (DTP)

be made with 〜: 〜で作られる

scissors /sízərz/ (名) はさみ

polaroid camera: ポラロイドカメラ (一般名称はインスタントカメラ)

sort /sɔ́ːrt/ (名) 種類 ⇨ sort of 〜: (口語) ~のようなもの、~みたいな

like /láik/ (前) (口語) ~のような

in 形容詞 + form: (形容詞) の形で

paperback /péipərbæ̀k/ (形) 紙表紙の

come along: “along” は 「前に」のニュアンス。「前に来る」から「現れる」の意。

idealistic /aidìːəlístik/ (形) 理想主義的な

overflowing /òuvərflóuiŋ/ (形) あふれている ⇨ overflowing with 〜: ~であふれている

neat /níːt/ (形) 格好いい

notion /sízərz/ (名) 意見、観念

 

 

(13:44)
Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue. It was the mid-1970s, and I was your age. On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous. Beneath it were the words: “Stay Hungry. Stay Foolish.” It was their farewell message as they signed off. Stay Hungry. Stay Foolish. And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you. Stay Hungry. Stay Foolish. Thank you all very much.

put out: 「外に置く」から「発行する」の意。

issue /íʃuː/ (名) 版 ⇨ issue   (動) 出版する

run its course: 「その進むべき道を走る」から「自然な経過をたどる」の意。

On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road: “be” 動詞の場合は、その前後が入れ替わっても原則意味は同じ。つまり、A photograph of an early morning country road was on the back cover of their final issue. としても同じ意味。強調のために入れ替えている。

kind /káind/ (名) 種類

hitchhike /hítʃhàik/ (動) ヒッチハイクする

the kind you might find yourself hitchhiking on: 直前の “an early morning country road” と同格の句。 “kind” の後に “of a road that” を補足すると理解しやすい。 “that” は関係代名詞。 “find O + 〜ing” で「Oが〜するのを見つける」の意。ここでは「あなた自身がヒッチハイクするのを (あなたが) 見つけるかもしれないような道」つまり「あなたがヒッチハイクするかもしれないような道」の意。

adventurous /ədvéntʃərəs/ (形) 冒険心のある

if you were so adventurous: 仮定法過去。「もしあなたが〜であれば」の意。現在の事実と違いことを示すので、ジョブズが、卒業生たちはそんなに “adventurous” だとは思っていないと考えられる。

beneath /biníːθ/ (前) ~の下に

Beneath it were the words: “Stay Hungry. Stay Foolish”: “were” の前後を入れ替えているため、主語が “it” なのに動詞が “were” となっている ( “it were” は仮定法であれば可能であるが、ここは仮定法ではない) 。本来は “The words: “Stay Hungry. Stay Foolish” were beneath it”。 強調のために入れ替えている。

farewell /fὲərwél/ (形) 別れの

sign off: “off” は「離れる」のニュアンス。「署名して離れる」から「締めくくる」の意。

I have always wished that for myself: 継続を表す現在完了。 “that” は “Stay Hungry. Stay Foolish” 。「私はずっと、私自身いつも “that” であることを望んできた」の意。」

graduate /grǽdʒu:èit/ (動) 卒業する

anew /ənjúː/ (副) あらためて

as you graduate to begin anew: “as” はここでは「〜だから」の意。ここでの “to” 不定詞は結果を表す。全体では「あなたは卒業し、再び始まるので」の意。

 

次回からは同じスピーチで発音の説明に戻ります。

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します。

話せるTOEIC高得点を目指そう。効率的で正しいトレーニング方法の English Tutors Network で。

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>