タグ別アーカイブ: 発音

英語の発音についての情報

英語の発音記号:母音 / uər /

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」はこちら。

発音記号 / uər /

発音方法・注意事項

続きを読む


英語独特のリズム (強弱) を身につけろ!

発話の強弱 (リズム)とイントネーション (抑揚)のことをProsody (プロソディー) といいます。 文法によって定められているものと、話者の感情や文脈によって変わるものがあります。

比較的平坦な言語であると言われている日本語と比べ、英語は強弱 (リズム) やイントネーション (抑揚) が重要な言語です。それらを誤った形で発話すると、全く理解してもらえなかったり、意図しない意味で伝わったりすることがあります。

基本の特徴を理解した後、真似しながら繰り返し練習すれば、徐々に身に付いていきます。

今回は強弱 (リズム)についてご紹介します。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。

強弱 (リズム) とは

続きを読む


日本人が英語を聞きとれない理由:音の同化

日本人が英語を聞きとれない最大の理由である音のつながり(Liaison)のうち、今回は同化(Assimilation)です。ちなみに、連結(Linking)はこちら、脱落(Elision)はこちらで。

これら3つとも日本語ではあまり起こらない現象のため日本人にとって難しく感じますが、それぞれの特徴を理解し、自分でも発音できるように繰り返し練習すれば必ず聞き取れるようになります。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」はこちら。

音の同化(Assimilation)とは!

続きを読む


英語の発音記号:母音 / eər /

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」はこちら。

発音記号 / eər /

発音方法・注意事項

* 日本語の「エ」よりも口を開けて「エ」と強めに発音し、つづけて /ər/ は、口は広く開けないで、舌全体を奥に丸める様にして、軽く添えるように「エーア」と発音する。舌を丸める際、舌を上アゴに触れない様にすること。「エ」「ア」と別々に発音しない。

続きを読む


日本人が英語を聞きとれない理由:音の脱落

日本人が英語を聞きとれない最大の理由である音のつながり(Liaison)のうち、今回は脱落(Elision)です。ちなみに、連結(Linking)はこちらで。同化(Assimilation)についてはまた後日ご紹介します。

これら3つとも日本語ではあまり起こらない現象のため日本人にとって難しく感じますが、それぞれの特徴を理解し、自分でも発音できるように繰り返し練習すれば必ず聞き取れるようになります。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」をオープンしました。

音の脱落 (Elision) とは!

続きを読む


英語の発音記号:母音 / iər /

発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英単語を覚えるときは発音記号を意識しましょう!

英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわなければ正確には発音できません。発音記号を知ることは、その後の学習を効率的にしてくれます。

英語の発音まとめサイト「英語の発音 by ETN」はこちら。

発音記号 / iər /

発音方法・注意事項

* 唇を横に引っぱり、舌を緊張させて「イ」と強めに発音し、つづけて /ər/ は、口は広く開けないで、舌全体を奥に丸める様にして、軽く添えるように「イーア」と発音する。舌を丸める際、舌を上アゴに触れない様にすること。「イ」「ア」と別々に発音しない。

続きを読む