TOEIC特化の学習では仕事で使えない?

TOEICは現状、LR (Listening & Reading) と SW (Speaking & Writing) の2つに分かれていますが、近いうちに統合される可能性が高いでしょう。

大学入試センター試験に代わって2020年度に導入する「大学入学共通テスト(仮称)」では、英語について、民間の検定試験(複数)に移行することになりそうです。目的は「読む・聞く」能力に加え、「話す・書く」能力も評価するためです。

TOEIC を含む各民間検定試験は、他の民間検定試験と受験者獲得で競い合うことになります。そうなると現状のTOEICは不利です。LRとSWと2つ受験しなければならないからです。もし、ETS(TOEIC 及び TOEFLの運営母体)が、大学入学共通テスト向けには、TOEICはあきらめてTOEFLに集中するとしても、大学入学で「話す・書く」能力を重視するようになれば、TOEICを活用している日本企業も重視せざるを得なくなり、TOEICも統合することを求められるでしょう。

今回は、日本のビジネスパーソンが一番受験している現状のTOEIC (LR) についてまとめてみました。

TOEIC730点以上でも簡単な商談もできない!

PRESIDENTアンケートの結果を見ると、730点以上でも半数以上の人が簡単な商談や取引もできないと答えています。TOEICは「読む、聞く」能力はある程度正確に判定することはできますが、「話す、書く」能力は正確には判定できません。TOEICの点数が高くても、話せないから仕事で使えないのです。

加コンコーディア大学のセガロウィッツ教授(心理言語学)は、英語を仕事で使えるようになるためには、つまり話せるようになるには、相手の発音を聞き取って理解することに加え、「適切な語を選び、文法に沿って組み立てて発音するというプロセスを自動的にできる(自動化)ように繰り返し練習する必要がある。」と指摘しています。。

TOEIC特化の学習では話せなくなる!

両親が聴覚障害でことばが話せず、外部との接触がなかったため、テレビのみから言語を習得した三歳九ヶ月の子どもがアメリカでケースワーカーに発見されました。その子に話させると文法的にかなり不自然だったといいます。その子どもは、テレビを理解するために言葉を聞いて理解する能力は発達しましたが、話す必要性がなかったためその能力が発達しなかった。TOEICに特化し、読む・聞くだけの学習をしていると、話せず・書けなくなるということを証明する事例。

日系アメリカ人二世は「受容的バイリンガル」が多い。日系一世の親が、子どもが日本語を話せる様にするために、家では日本語で話すようにします。しかし子どもは学校等で英語が主要な言語になり、日本語は聞いて理解できるけど話せない、つまり親は日本語で話しかけても子どもは英語で答えるという状況になります。これを受容的バイリンガルといいます。聞く必要はあっても話す必要がない。従って聞いてわかるための能力は身についたのですが、話す能力が発達しなかった。TOEIC特化の学習はこの受容的バイリンガルに似た人を生み出しています

更に!TOEIC特化の学習は非効率!

人間の脳は、情報を何度も入れ込む(インプット)よりも、その情報を何度も使う(アウトプット)ことで、長期間安定して情報を保存することができるという論文を、米パデュー大学のカーピック博士(脳科学)がサイエンスに発表しています。

これは、英語を「読む、聞く」練習を何度も繰り返すよりも、「話す、書く」練習を繰り返した方が脳に記憶が定着しやすいことにつながります。つまり「読む、聞く」能力だけを測るTOEICに特化して英語を学習することは非効率だということ。

決してTOEICを否定しているわけではありません。既存の英語検定試験の中で、ビジネスパーソンの客観的な英語力を測るには一番良いテストだと思っています。ただ、学習する上で注意が必要ということです。

仕事で使えるTOEIC高得点を効率的に取得するには?

上記のPRESIDENTアンケートでは、英語で商談ができる人のうち、7割以上の人がTOEICに特化した勉強はしていないと答えています。

効率的にTOEICの点数を上げながら、かつ仕事で使えるような話せる英語力を身につけるためには、「読む・聞く」偏重のTOEIC対策に特化するのではなく、総合的な英語力の向上を目指しましょう

つまり、基本的な知識(語彙・文法・発音)を学習しながら、その知識をアウトプットできるように、ディクテーション・音読・リピーティング・ルックアップ&セイ・書き写し・シャドーイング等の「自動化」のトレーニングを、学習の進捗状況に合わせて適切に組み合わせて行うこと。加えて、よく使用される表現を習得していくことです。

TOEIC卒業後のあなたの姿は?

読み・書き・聞き・話せる英語を目指すことで効率的にTOEIC900点を取得したとき、それは基礎が完成したということ。この時点で、周りの方々から見ると、あなたはかなり英語が出来る人だと思われます。

しかしながら、あなた自身はまだ満足できていません。なぜならば、その頃には、TOEIC満点を取る事はそれほどすごいことだとは思わないようになっているからです。

この時点でのあなたが満足する英語力を身につけるためには、このあとも継続的な学習が必要です。しかしながら、その頃には誰の助けも必要ありません。自分がよいと思う方法・ペースで学習を継続してください。

<ご参考> TOEICは最低でも900点はほしい理由の一つ?

一気に国際的な企業に躍り出た韓国のサムスンの新入社員の基準は900点以上だそうです。日本の大卒新入社員のTOEIC平均スコアは500点程度。

またサムスンでは、課長に昇進するには920点以上が必要で、取れないと実質会社にはいれなくなるといいます。一方でソニーの課長は650点以上とのこと・・・。(少々前の情報ですので、今は違うと思いますが・・・)

 

英会話ETNトレーニング法」をオープンしました。ETNで行われているトレーニングプログラムを公開しています。英会話は自主トレで上達します

英会話は自主トレが MUST。ETN のネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。English Tutors Network

English Tutors Network サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です