カテゴリー別アーカイブ: 第二言語習得研究入門

第二言語習得研究の基礎的な知識を応用した、英語を効率的に習得する方法について

英語力以外のコミュニケーション能力も必要?

文化人類学者のエドワード・ホールの提唱している概念にハイ・コンテクスト文化ロー・コンテクスト文化があります。前者では、いちいち言葉で伝えなくても、相手の意図を察し合うことでコミュニケーションが成り立ちやすく、後者では、言葉で理論的に証明しなければ意思疎通が難しい文化のことです。

ハイ・コンテクスト文化の日本の課題は交渉力!

日本は前者であり、アメリカや北ヨーロッパ諸国は後者といわれています。そして、グローバルなビジネス環境もロー・コンテクスト文化だといえます。

続きを読む


定型表現も覚えた方がいいの?

フィンランド トゥルク大学のマイク・ネルソン言語センター長は、ビジネス英語のように特定の集団内で使われる言葉には、日常会話以上に定型表現が多いと指摘しています。ビジネス英語の三分の一は定型表現が占めるという統計もあります。従って、定型表現を覚えることは、仕事で使える英語を効率的に習得するには必要なことです。

ビジネスでよく使用される定型表現を覚えることも重要!

単語と文法は正しい英語でも、ネイティブには不自然な表現は無数に作れます。ネイティブにとって自然かどうかは、文法を超えて単に「言うか言わないか」。例えば “The brothers of my parents were four.” はネイティブにとっては不自然な英語。“I had four uncles.” が自然。定型表現を覚えることは自然な表現を使えるようになるために必要なこと

続きを読む


あなたの英語学習法で大丈夫?

英語の学習は続けているけれど、なかなか効果が出ない。。。と思っている方多いのではないでしょうか?本当にその学習方法で良いのでしょうか?ご不安な方のご参考になれば幸いです。

あなたはどのように英語を学習していますか?

 

英語学習法
続きを読む


まとめ:ビジネスでの定型表現と社会言語要素

ビジネスで使用される表現のうち、3分の1から半分程度は定型表現が占めるという統計もあります。従って良く使用される定型表現を覚えることは効率的です。今回はその効率的な覚え方と、社会言語要素についてまとめてみました。

定型表現を覚えることは即効性があります。しかしながら、仕事で要求される、自分の言いたいことを自由に表現できる英語力を獲得するには、定型表現を覚えるだけでは不十分であるということを忘れないで下さい。

ビジネス英語定型表現まとめサイトをオープンしました。Check it out!

ビジネスにおける定型表現の具体的な習得方法とは?

続きを読む


まとめ:TOEICの目標点数や学習方法など

TOEICの点数を上げろ!と会社からしつこく言われている人も多いのではないでしょうか?ちょっと待ってください。英語の学習を始める前に注意点をまとめましたので是非読んでみてください!

TOEICは最低でも900点はほしい理由の一つ

一気に国際的な企業に躍り出た韓国のサムスンの新入社員の基準は900点以上だそうです。日本の2010年度大卒新入社員のTOEIC平均スコアは485点 。この平均スコアは、昨今の就職難の影響で、学生達の英語学習熱が高くなっていることから年々上がっているそうですが・・・。

またサムスンでは、課長に昇進するには920点以上が必要で、取れないと実質会社には居れなくなるといいます。一方でソニーの課長は650点以上とのこと・・・。

続きを読む


まとめ:ツールとしての英語の学習方法

仕事で英語が必要になった方、またはこれから必要になる方にとって、どのように英語を学習するかについて悩んでいる人は多いと思います。今回は、大人になってからもういちど英語を学習する場合の考え方についてご紹介したいと思います。先ずは、中・高での英語学習について、そして講師についてです。

ツールとしての英語を習得する方法

「英語は苦手」という方も多いのではないでしょうか?なぜ?恐らく中高での英語の授業が原因で苦手・嫌いになった方が多いのではないでしょうか。中高での英語は勉強でした。まるで古代エジプトの象形文字の解読方法を勉強しているようではなかったでしょうか。本来「英語」は、数学や物理などの他の教科とは違い、机に向かってガリガリと「勉強」する「学問」ではないのに、です。

続きを読む