タグ別アーカイブ: ビジネス知識・教養

「CommonLit」の内容とおすすめ使い方

「CommonLet」とは、アメリカの高校3年生までの学生向けに、読書用のテキストを無料で提供しているサイトです。日本人の英語学習用にもおすすめですので、その内容とおすすめ使い方をご紹介します!参考になれば幸いです。

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「CommonLit」


https://www.commonlit.org/

続きを読む


英語は重要なことから言え!?

ネイティブの質問に英語で答えている時や、ビジネスミーティングで英語で発言している時、途中でネイティブからさえぎられたことはありませんか?

その場合、話す順番を間違えている可能性が高いです。どういう意味かわからない?説明させてください。

英語は「結論が先。説明は後」が原則の言語!

英語のプレゼンやメールなどの文章を書くときは、結論を先に言う・書くと言うのは、ビジネスパーソンの皆様であればほとんどの方がご存知だと思います。つまり、自分の一番言いたいこと、重要なことを最初に言って(書いて)、その後に順を追って説明するという構成方法です。

有名なのは「PREP法」です。”Point (結論)” → “Reason (説明)” → “Example (例)” → “Point (結論)” の順番で構成する方法です。また「SDS法」(”Summary (要約)” → “Detail (詳細)” → “Summary (まとめ)”)をいう方法もあります。

いづれの場合も、結論が先で、説明は後ですが、これが英語のプレゼンや文章を書く時の基本のスタイルです。

続きを読む


まとめ:世界標準のビジネスコミュニケーション能力とは!?

グローバルビジネスに必要な能力は世界標準のビジネスコミュニケーション能力

グローバルビジネスに必要な能力

グローバル化が進むビジネス社会で生き残っていくために英語を習得しようとするビジネスパーソンが増えています。もはや、英語が出来ることはメリットではなく、英語が出来ないことがデメリットと言えるのではないでしょうか。

続きを読む


「Business Result」で定型表現習得!

ビジネスでよく使用される定型表現を効率的に覚えるための教材として、”Business Vocabulary in Use” “Communicating in Business English” と紹介してきましたが、今回は “Business Result” をご紹介します。どんな教材なのでしょうか?(2017年1月18日更新)

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「Business Result」[Oxford University Press]

 business result

¥3,500程度(実勢価格)CD付属
「Elementary」「Pre-intermediate」「Intermediate」「Upper-intermediate」「Advanced」の5レベル

本書の内容は以下の通りです。

続きを読む


知識と教養を深めるには「American Rhetoric」!

以前アメリカ英語なら Voice of America を活用しながら流暢さを向上(自動化)することをお勧めしました。今回は、知識と教養を深めながら英語を学習したいなら!というサイト「American Rhetoric」というサイトをご紹介したいと思います。先ずはどのようなサイトなのか見ていきましょう。(2017年1月18日更新)

英会話ETNトレーニング法まとめサイトは こちら

「American Rhetoric」

http://www.americanrhetoric.com/index.htm

 American Rhetoric

サイトの内容は以下の通りです。

続きを読む


Q. グローバルビジネスで必要なのは英語力だけ?

このカテゴリーでは、英語学習についての様々な疑問にお答えしていきたいと思っています。英語学習にお悩みの方は是非ご連絡ください!今回は、ビジネスでグローバルに活躍するには英語力だけで大丈夫なのかどうかについてです。結論は、どうも英語力だけではダメみたいです。それ以外に何が必要なのでしょうか?

A.  世界標準の仕事力・ビジネス知識と教養・論理的思考力、そしてビジネス・コミュニケーション能力が必要!

続きを読む