タグ別アーカイブ: 英語勉強法

英語勉強法についての情報

英語は訳すな!

コミュニケーションのツールとしての英語を習得するには、日本語への訳し方を覚えるのではなく、英語という新しい言語を習得することに注力しましょう!どういう意味かわからない?説明させてください。

英語を日本語に訳しても理解できない場合が多い!

日本語と英語は全く違う言語です。ですから、”apples to apples” にはなりません。つまり、日本語の単語と英語の単語が全くイコールになることはないということ。確かに “cat” =「猫」の様に、全くのイコールな単語も名詞には多いです。しかし、英語の動詞・形容詞・副詞・前置詞・接続詞・助動詞などは、一つの日本語の単語で表せるものはまずありません。

単語だけではなく、センテンスもそうです。英語の文章を日本語に訳す際、またはその逆の場合でも、直訳すると意味がわからなくなることや、不自然な言い回しになることがよくあります
続きを読む


ビジネスパーソンに最適な英語学習素材は?

ビジネスパーソンの皆さまが英語を学習する際、どの様な素材を使用したらいいのでしょうか?映画?ドラマ?ニュース?TED?ペーパーバック?新聞?悩んでいませんか?ご参考になれば幸いです。

ビジネスパーソンの英語学習用素材はニュースやTEDがお勧め!

英語を学習する時の素材選びは注意してください。自分が英語を使用する状況と似た状況で使用される英語を素材とすることをお勧めします。ビジネスパーソンの方であれば、ニュース素材やTEDがお勧めです。

洋画やドラマを英語学習の素材に使用することは避けましょう!

続きを読む


あなたの英語学習法で大丈夫?

英語の学習は続けているけれど、なかなか効果が出ない。。。と思っている方多いのではないでしょうか?本当にその学習方法で良いのでしょうか?ご不安な方のご参考になれば幸いです。

あなたはどのように英語を学習していますか?

 

英語学習法
続きを読む


英会話ETNトレーニング法 25:リフレージングの効果と方法

ETNで実際に実施している英語・英会話トレーニング方法の25回目です。今回は、具体的なトレーニング方法の9回目で、「リフレージング」についてです。一人でもできる自主トレーニング法ですので、是非やってみてください。

英会話ETNトレーニング法まとめサイトは こちら

リフレージングの効果

  • 日本語を介入させないで、様々な言い回し(表現方法)を使えるようにするトレーニング。

  • 色々な言い回しや表現方法を頭の中に蓄積し、使えるようにすることで、スピーキングの流暢さを向上させる。

  • 英語を英語のまま理解し、その英文を他の英文に(日本語を介入させないで)言い換えることで英語脳を強化できる。

続きを読む


英語を習得するには何をすればいいの?

ビジネスで使える英語を習得するには5つの学習項目があります。そして学習レベルによってそれぞれの重要度が違います!これらを意識して、できる限り無駄な学習を避け、効率的に英語を習得しましょう!

英語を習得するための5つの学習項目

英語ヒッグス学習項目

英語を含む第二言語を習得する際の学習項目は、Vocabulary(語彙)、Grammar(文法)、Pronunciation(発音)、Fluency(流暢さ)、Sociolinguistic(社会言語能力)の5つあります。上のグラフは、それらの学習項目の重要度が、学習レベルによって変化することを示しています。
続きを読む