タグ別アーカイブ: 第二言語習得研究

第二言語習得研究に基づく英語学習法についての情報

「CommonLit」の内容とおすすめ使い方

「CommonLet」とは、アメリカの高校3年生までの学生向けに、読書用のテキストを無料で提供しているサイトです。日本人の英語学習用にもおすすめですので、その内容とおすすめ使い方をご紹介します!参考になれば幸いです。

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「CommonLit」


https://www.commonlit.org/

続きを読む


英語力以外のコミュニケーション能力も必要?

文化人類学者のエドワード・ホールの提唱している概念にハイ・コンテクスト文化ロー・コンテクスト文化があります。前者では、いちいち言葉で伝えなくても、相手の意図を察し合うことでコミュニケーションが成り立ちやすく、後者では、言葉で理論的に証明しなければ意思疎通が難しい文化のことです。

ハイ・コンテクスト文化の日本の課題は交渉力!

日本は前者であり、アメリカや北ヨーロッパ諸国は後者といわれています。そして、グローバルなビジネス環境もロー・コンテクスト文化だといえます。

続きを読む


定型表現も覚えた方がいいの?

フィンランド トゥルク大学のマイク・ネルソン言語センター長は、ビジネス英語のように特定の集団内で使われる言葉には、日常会話以上に定型表現が多いと指摘しています。ビジネス英語の三分の一は定型表現が占めるという統計もあります。従って、定型表現を覚えることは、仕事で使える英語を効率的に習得するには必要なことです。

ビジネスでよく使用される定型表現を覚えることも重要!

単語と文法は正しい英語でも、ネイティブには不自然な表現は無数に作れます。ネイティブにとって自然かどうかは、文法を超えて単に「言うか言わないか」。例えば “The brothers of my parents were four.” はネイティブにとっては不自然な英語。“I had four uncles.” が自然。定型表現を覚えることは自然な表現を使えるようになるために必要なこと

続きを読む


あなたの英語学習法で大丈夫?

英語の学習は続けているけれど、なかなか効果が出ない。。。と思っている方多いのではないでしょうか?本当にその学習方法で良いのでしょうか?ご不安な方のご参考になれば幸いです。

あなたはどのように英語を学習していますか?

 

英語学習法
続きを読む


新入社員を対象とした英語学習法についての研修

 

社員の皆様の英語力向上を目指す企業にとりまして、特に新入社員の方々への英語の重要性の啓蒙と、英語学習の習慣化は非常に重要です。

新入社員の時から英語学習を習慣化させ、若手の英語力を向上させていくことにより、30・40歳代の先輩社員の皆様の英語習得への意欲も刺激することになるでしょう。そのことが若手社員へのプレッシャーにもつながり、年代間の好循環を生み出している企業様がございます。

新入社員の皆様には、English Tutors Networkの下記の研修をお薦めします。

新入社員を対象とした英語学習法についての研修

英語の習得には、どうしてもある程度の時間が必要です。大卒新入社員(上場企業)のTOEICの平均は近年550点程度です。それを仕事で使える英語力まで引き上げるには、最低でも2年間必要です。
続きを読む


「英語の発音パーフェクト学習事典」の内容と使い方

日本人が英語を聞き取れない一番の理由は「音声変化」です。音声変化には、主に「連結」「脱落」「同化」の3つあります。これらのことを詳細に説明している本を紹介したいと思います。

英語の音声に関する理論を理解しても、それだけでは聞き取れるようにはなりません。自分で発音できない音は聞き取ることができないと言われています。ネイティブの音を真似て、何度も繰り返し声を出して練習しましょう。

おすすめ英語教材まとめサイトこちら

「英語の発音パーフェクト学習事典」深沢俊昭(著者)[アルク]

英語の発音パーフェクト学習辞典

CD-ROM付属 ¥2,600+税

本書の内容は以下の通りです。

続きを読む